Smarter Cybersecurityソリューションへのデマンドがウェブルートの第一四半期成長をドライブ

November 24, 2015

Smarter Cybersecurityソリューションへのデマンドがウェブルートの第一四半期成長をドライブ

全ての顧客セグメントで二桁成長を実現。新しい戦略パートナー、IoTのセキュリティが市場を加速化

※2015年11月24日に配信されたプレスリリースの抄訳です。

コロラド州ブルームフィールド - 2015年11月24日 – エンドポイントおよび総合脅威インテリジェンスのインテリジェント・サイバーセキュリティの市場リーダーであるウェブルートは本日、第一四半期(7月~9月)のハイライトを発表しました。 Webroot SecureAnywhereソリューションへの高いデマンドとチャネルおよびMSPパートナーの強化によって、全てのビジネスセグメントで大幅な成長を達成したほか、第一四半期内に、革新的なセキュリティ技術と市場をリードする研究結果を発表しました。

新しいビジネスでの二桁成長を継続中

ウェブルートは、第一四半期で売上をさらに伸ばすことができました。新しい顧客を獲得することによって、前年比で二桁成長をターゲットとしている市場の全てで達成できました。OEM分野で新しいビジネスが29%増えたほか、ビジネス分野で46%、そしてコンシューマ分野で16%の増加を前年比で実現しました。この新しいビジネスによって、ホームユーザで130万ユーザ、ビジネスで45万3000の新しいエンドポイント、そして700社以上の新しいMSPパートナーを獲得することができました。

ウェブルートのCEOであるDick Williamsは、「第一四半期の二桁成長は、業界内で起きているウェブルートのSmarter Cybersecurityアプローチへの大幅なシフトの結果です。FY15の記録的な成長をベースに、FY16のスタートを全てのセグメントと地域で素晴らしい結果を残すことができました。この四半期に向けて、全てのセグメントで確実なパイプラインを持ち、そして新しい製品ラインナップを計画することによって、一年の残りも成長することが見込めます」とコメントしています。

革新的なセキュリティ技術を発表

新しく発表したWebroot IoT Security Toolkitによって、Internet of Things (IoT) およびIndustrial Internet of Things (IIoT) のソリューション開発者とシステムインテグレータがクラウドベースのリアルタイム脅威インテリジェンスサービスとインテリジェント・サイバーセキュリティ・デバイス・エージェントを統合し、最新のマルウェア、ゼロデイ・エクスプロイト、そのほか外部脅威と内部の脆弱性から重要なシステムを保護することができます。その結果、次世代のデバイス、ゲートウェイ、サーバ、またはIoTネットワークを監視し、保護することが可能となります。

戦略的なセキュリティパートナーを発表

常に変化しているセキュリティ脅威に対応するために、Webroot IoT Security ToolkitはLynxSecure Hypervisorセキュア仮想スペースの一部として提供されています。ウェブルートとLynx Softwareは、各社のユニークなセキュリティ技術を組み合わせることによって、開発者が先進的な脅威検知と保護をIoTとIIoTデバイスに組み込めることが可能となりました。また、OSシステムレベルでのソリューション起動においての制限やリスクに関わらず、脅威の検知、認識、隔離を実現することができます。

Menlo Securityは、同社のMenlo Security Isolation PlatformにWebroot BrightCloud Web Classification Serviceを統合しました。ウェブルートが提供するURL分類情報はMenlo Security Web Isolation Serviceの主要コンポーネントであり、ITとセキュリティプロフェッショナルに重要な堅固な解析とポリシー機能を可能にしています。

チャネルにフォーカスし、世界的なビジネスを拡大

小売り、金融、テクノロジー企業などでのセキュリティ事件がニュースになる中、ウェブルートは最新のセキュリティ脅威から企業を保護する効果が高いソリューションを提供しています。ウェブルートの実績があり、高い拡張性がある保護ソリューションは、大企業、MSP、そしてExeed Limited、Distology、DNA Connect、三井物産セキュアディレクション(MBSD)などの業界をリードする一次代理店にプレミアパートナーとして選択されています。

第一四半期で700社以上のMSPパートナーを追加し、世界的ビジネスを拡大したウェブルートは、パートナーの製品ラインナップをWebroot SecureAnywhere Business Endpoint Protectionで強化し、企業顧客に向上したマルウェア検知、次世代型のエンドポイント保護、システムのパフォーマンス、そして総合的な高い生産性などを実現しています。

ソートリーダシップ

ウェブルートは、同社のIoTサイバーセキュリティへの総合的な次世代型アプローチで、2015 North American Cybersecurity for Robotics & Industrial Control Product Leadership Awardを受賞しました。この受賞は、ウェブルートが革新的なテクノロジーでIIoTをターゲットにしたサイバーセキュリティ脅威に対応できることを認識された結果です。この賞を受賞した企業はベスト・イン・クラスを目指す必要があり、ウェブルートのイノベーションが業界のトップに位置づけされたことを表しています。

また、第一四半期内に、ウェブルートは同社が行ったアンケート「Mothers’ Perceptions about Their College Students’ Online Safety(大学生の母親による安全なオンライン活動の認識)」の結果をNational Cyber Security Awareness Monthの前日に発表しました。このアンケートによると、大学生の母親の4人に1人は、自分の子供がPCにサイバーセキュリティ対策ソリューションをインストールしていないと回答しました。なぜかという質問に対して、37%の母親が「考えていなかった」と回答しています。さらに、セキュリティをインストールしていると回答した母親の69%のうち、39%がどのソフトウェアをインストールしたのか製品名がわからないと回答しています。今後ウェブルートはこのデータを消費者団体と共有し、学生とその親にインターネット利用のリスクを教育し、感染および個人情報の保護となりすましからどのように自分を守るかを広めていきます。


© 2015 Webroot Inc. All rights reserved. ウェブルート、SecureAnywhere、および Webroot SecureAnywhere は、米国およびその他の国における Webroot Inc. の商標または登録商標です。

ウェブルートについて

ウェブルートは Smarter Cybersecurityのソリューションプロバイダです。インテリジェントなエンドポイント保護および脅威インテリジェンス・サービスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things)のセキュリティを実現。クラウドベースで予測型の総合脅威インテリジェンス・プラットフォームを活用することによって、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、そしてあらゆるデバイスをマルウェアや他のサイバー攻撃から保護しています。高い評価を受けているSecureAnywhereインテリジェント・エンドポイント保護とBrightCloud脅威インテリジェンス・サービスは、世界中で数千万台以上のエンドユーザ、企業、エンタープライズ機器を守っています。ウェブルートのテクノロジーは、業界トップリーダーであるCisco、F5 Networks、HP、Microsoft、Palo Alto Networks、RSA、Arubaなどのソリューションに採用され、高い信頼を得ています。本社を米国コロラド州に置き、北米、欧州、アジア環太平洋、日本でビジネス展開しています。Smarter Cybersecurityの詳細はウェブサイトhttps://www.webroot.com/jp/ja/ をご参照ください。