ウェブルートが企業向けクラウドセキュリティソリューション「セキュアエニウェアビジネス – エンドポイントプロテクション」の国内提供を開始

October 3, 2012

お知らせ

ウェブルートが企業向けクラウドセキュリティソリューション
「セキュアエニウェアビジネス – エンドポイントプロテクション」の国内提供を開始

2012年10月03日 (東京/日本)
ウェブルート

超高速、超軽量、容易な管理が特徴の新ソリューションを強力なビジネスパートナーと共に提供

ネットワーク上の各種の脅威から、個人情報や企業資産を確実に保護するセキュリティ ソリューションを提供し、ITセキュリティ分野で初となるエジソン賞*1を受賞するなど、革新性で大きな注目を集めるウェブルート株式会社(東京都港区南青山、代表取締役社長 駒林一彦)は、本日、企業向けの新しいクラウドセキュリティソリューション「ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクション(Webroot® SecureAnywhere™ Business - Endpoint Protection)」の提供を開始したことを発表しました。

ウェブルート株式会社 代表取締役社長の駒林一彦は、「今回、企業向けの新ソリューションである"ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクション"の国内提供を開始し、企業ユーザーによる安全・快適なエンドポイントデバイス利用に貢献できることを非常に嬉しく思います。また、ビジネスを展開するにあたり、強力な国内ビジネスパートナー各社との協業が決定しています。より多くのお客様のもとへこの革新的なソリューションをお届けするために、パートナーシップを大変重視しています」と話します。

*1 :エジソン賞は、ソフトウェアに限らず、最も革新的な技術や企業に対して授与される栄誉です。Webroot SecureAnywhereは2012年Edison Awardsにおける「Personal Safety/Security」部門のBronze Awardをセキュリティソフトウェアとして初めて受賞いたしました。http://www.edisonawards.com/

標的型攻撃など各種の脅威から企業のエンドポイントを保護

ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションは、企業やネットワークサービス等のエンドポイントにおけるマルウェア対策のための包括ソリューションです。フル・クラウドベースの先進的なファイル特徴認識および行動認識テクノロジーによって、さまざまな脅威や、ゼロデイ アタックに代表されるような未知の攻撃から企業やユーザーを防御します。先般出荷開始したコンシューマ向けソリューションと同様に、「エジソン賞」を受賞したポイントでもある、定義ファイルやパターンファイルを用いない先進の検知ロジックで、超高速・軽量なエンドポイント保護を実現します。

5ユーザーライセンスからミディアム&スモールサイズ企業を中心に初年度800社の獲得を目指す

本ソリューションでは、5から24ユーザーまでのライセンスであるAクラスをスタートに、全11のクラスが用意されており、1クライアントあたりの最低価格は2٫250円(税抜き)となっています。ウェブルートでは、ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションの国内出荷にあたり、ミディアム&スモールサイズの企業(従業員20人以上300人未満)を中心に営業活動を展開。初年度(2013年6月末まで)800社の新規顧客獲得を目指します。

ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションの特徴

セキュリティ面、システム管理面から見た、ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションの主要な特徴を、以下に示します。

セキュリティ上の特徴

  • PCのパフォーマンスに影響をおよぼさない「超高速」「超軽量」:
    フルクラウド・アーキテクチャによる、業界最小のエンドポイント セキュリティ クライアント/エージェント(1MB未満)を使用するため、インストールにかかる所要時間は通常数秒以内。スキャン中のCPU使用は最小限に抑えられ、初回のスキャンは数分以内、その後のスキャンはさらに短縮されます。
  • ビヘイビア(行動)ベースの脅威分析:
    ウイルス定義ファイルを不用とし、脆弱性を最小化します。
  • Webroot Intelligence Network(ウェブルート インテリジェンス ネットワーク):
    新たな脅威が発見された場合 これまでには考えられなかったスピードで、瞬時に世界中に伝達することを可能とするクラウド上のセキュリティビッグデータの仕組みです。一旦、脅威が検知されると、ネットワーク上のすべてのエンドポイントが直ちにこの脅威から保護されます。
  • オフライン時の保護:
    企業ファイアウォールの内側、外側にあるかに関わらず、エンドポイントとなるデバイスがオフライン状態の場合でも様々な攻撃をブロックします。
  • ジャーナリングとロールバック:
    悪意あるファイルによって加えられたエンドポイントに対するあらゆる変更を、プロアクティブに監視・記録し、再イメージのPCを必要とすることなく、システムを安全な状態にロールバックします。
  • クラウドベースのファイアウォール:
    Microsoft Windowsファイアウォールを強化します。標的型攻撃に対する保護やウェブルートのクラウド側で認識されている、外向けへの不正な通信のブロックを行い、ポリシー許可済みアプリケーションによるネットワーク通信を保証します。
  • ID/プライバシーのシールド:
    ハイジャック、キーロガーおよびスクリーン盗撮攻撃による知的財産の損失を防ぐため、OSとブラウザを強化します。

システム管理上の特徴

  • 集中化されたエンドポイント管理コンソール:
    分散組織に最適な管理コンソールです。管理者は、あらゆるエンドポイントについて、リモートでコマンドを実行することができます。この中には、システムスキャン、信頼できないプロセスの停止、リブート、そしてスクリプトの実行などが含まれます。また、エンドユーザ企業だけではなく、事業者によるセキュリティサービス展開などにも別途対応可能です。*2
  • 集中化されたポリシーコントロール:
    リモート環境から、個人、グループ、そして企業全体のレベルで、アプリケーションおよびWeb利用に関わるポリシーをセットできます。
  • システムクリーナー:
    システムパフォーマンスを維持・改善するために不要な情報をクリアします。
  • リモート配備ツール:
    ネットワーク上のあらゆるエンドポイントについて、容易に製品(ソリューション)をインストールできます。標準的なインストール時間は6秒未満です。
  • 他のセキュリティソリューションとの競合なし:
    既存セキュリティ製品をアンインストールする必要なく、試用や導入ができます。これにより、マルウェア対策ソリューションの乗り換え時に生じるセキュリティホールの発生を防止します。

*2 : 事業者によるセキュリティサービス事業につきましては、別途契約が必要となります。詳細につきましては弊社法人営業部迄お問い合わせください。

より多くのお客様へのソリューション提供に向けた強力なパートナーシップ

今回のウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションの国内展開にあたっては、それぞれのドメインに強みを持つビジネスパートナー様との協業により、より多くの先進的なお客様へのソリューション提供を可能としていきます。早期にビジネスパートナーシップの締結を交わした、バーチャルコミュニケーションズ株式会社様および、ヴィンキュラムジャパン株式会社様から、今回のソリューション提供と協業にあたって、次のようなコメントを頂戴しています。

バーチャルコミュニケーションズ株式会社は、ウェブルートの「Webroot Secure Anywhere Business Endpoint Protection」の発表を歓迎いたします。弊社が取り組んできた多くのインターネットテクノロジー分野での経験を、Webroot社の革新的なクラウドセキュリティ技術と組み合わせることで、お客様に最も優れたクラウドセキュリティソリューションを提供できると確信しております。

バーチャルコミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長 島田 憲治

弊社は流通小売業様向けPOS/商品管理/顧客管理システムを手がけ、クラウドサービスも提供しており、サービスの高度化に応じた情報セキュリティ強化が課題です。そこで今回出会ったのがWebroot社の製品です。クラウドベースで、リソースの限られたPOSにも対応できる等、軽い、早い、簡単のまさに三拍子揃ったWebrootソリューションを応援します。

ヴィンキュラムジャパン株式会社
代表取締役社長 瀧澤 隆

トライアルプログラム、Security2012出展、個別セミナーを実施

ウェブルートでは、ウェブルート セキュアエニウェア ビジネス – エンドポイントプロテクションをどなたでもご利用いただけるトライアルプログラムの提供を開始いたしました。 トライアルプログラムのご利用にあたっては、以下のページをご覧ください。
http://ja-my.webrootanywhere.com/sdwww/dwebroot/customerSupport/trialRegistration.php?trpd=WSAB&loc=JPN&lang=ja

また、ウェブルートでは、今回の出荷に合わせ個別セミナーを実施いたします。デモを交えて機能説明や特徴、管理者側・利用者双方の管理コストの低減メリットなどをご紹介致しますので、是非ご参加ください。
http://www.techbenchsupport.jp/webroot/seminar/

さらに、来る10月10日〜12日に実施される、日経BP主催「Security2012」で講演およびブース展示を行います。講演の概要およびお申し込みページは下記となっております。こちらも是非ご参加ください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2012/forum/list.html?c=f07

■ウェブルート セキュアエニウェア コンプリート

■ウェブルートについて

ウェブルートはコンシューマとビジネス向けインターネットセキュリティを提供する世界的なリーディングカンパニーです。1997年、米国コロラド州にて設立以来、日本を含むアジア圏やヨーロッパ圏に、およそ450人の従業員が日々最新のテクノロジーを追及しています。
現在販売されているセキュリティ対策ソリューションは一貫して高い評価を獲得しており、エンドポイント、ウェブ、そしてモバイルセキュリティサービスにおいて包括的なソリューションを提供しています。また、ふるまい検知型のマルウェア対策のパイオニアであるブライトクラウド社やプリベックス社を積極的に統合し、クラウドセキュリティ対策分野の拡充を推進しています。詳しい内容は、ウェブルートのホームページをご覧ください。
http://www.webroot.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
●プレスの方のお問い合わせ先:

ウェブルート株式会社 PR担当
株式会社ウィングアップ・パートナーズ 丸山 浩
Tel: 03-5725-2627 / E-mail: maruyama@wingup-pt.com

© 2012 Webroot, Inc. All Rights Reserved.
WebrootおよびSecureAnywhereは、Webroot Software, Inc.の米国および各国における登録商標または商標です。その他のすべての商標は権利を有する団体または個人により適切に運用されています。
本リリースの内容は、他社製品のサポート終了および弊社製品の改良などの事由により、予告なく変更される場合があります。

ウェブルートについて

ウェブルートは Smarter Cybersecurityのソリューションプロバイダです。インテリジェントなエンドポイント保護および脅威インテリジェンス・サービスによって「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things)のセキュリティを実現。クラウドベースで予測型の総合脅威インテリジェンス・プラットフォームを活用することによって、コンピュータ、タブレット、スマートフォン、そしてあらゆるデバイスをマルウェアや他のサイバー攻撃から保護しています。高い評価を受けているSecureAnywhereインテリジェント・エンドポイント保護とBrightCloud脅威インテリジェンス・サービスは、世界中で数千万台以上のエンドユーザ、企業、エンタープライズ機器を守っています。ウェブルートのテクノロジーは、業界トップリーダーであるCisco、F5 Networks、HP、Microsoft、Palo Alto Networks、RSA、Arubaなどのソリューションに採用され、高い信頼を得ています。本社を米国コロラド州に置き、北米、欧州、アジア環太平洋、日本でビジネス展開しています。Smarter Cybersecurityの詳細はウェブサイトhttps://www.webroot.com/jp/ja/ をご参照ください。