BrightCloud®

IPレピュテーション for Palo Alto Networks

次世代ファイアウォールを強化する予測型の脅威インテリジェンス

  データシート

特徴

BrightCloud IP レピュテーション for Palo Alto Networksにより、企業は、BrightCloud IP 脅威インテリジェンスを、使用しているPalo Alto Networks NGFW に簡単に統合して、新しい未知の IP 脅威に対する防御を強化することができます。Palo Alto Networks NGFW に、カスタマイズされた、継続的に更新される悪意のある IP アドレスの情報が提供されるため、それらの IP アドレスを検出してブロックし、他のネットワークへの侵入を阻止します。これにより、セキュリティ チームによるインシデント対応の頻度も軽減できます。

ユーザーは、BrightCloud コネクターを使用して、BrightCloud IP レピュテーション を Palo Alto Networks NGFWと連携できます。BrightCloud コネクターは、VMware 仮想環境で簡単に導入できる仮想アプライアンスです。

自社に仕向けられた攻撃を阻止するために企業に必要なのは、効果的でもない無料の静的なブラックリストではなく、カスタマイズされた動的な脅威インテリジェンスです。BrightCloud IP レピュテーションには、画期的なカスタマイズ機能が備えられています。この機能は、ユーザーの環境を自動的に分析し、IP 評価情報を適宜調整して、過去にユーザーを標的としたものだけでなく、将来的に攻撃する可能性のある悪意のあるすべての IP から保護します。セキュリティ チームにとっては、Palo Alto Networks NGFW で阻止される悪意のある IP が増え、インフラストラクチャに対する攻撃とインシデント対応が減るという利点を提供します。

1200 万の悪意のある IP のリストを最新かつ正確に保つため、ウェブルートは次の対応方法を使用しています。

  • 自動化されたアルゴリズムを導入して疑わしい IP を特定する
  • IP のアクティビティ、他のIPとの関係を調べ、それらを関連付ける
  • 機械学習および自動化された分類アルゴリズムを適用する
  • 悪意のある IP と判定し、一定期間排除する
  • 排除後に IP を再評価する
  • 重点的に監視したうえで、IP を再排除するか暫定的に解放する

技術情報

  データシート

営業担当からの連絡を希望する

下記の項目を入力してください

x