BrightCloud®

モバイルセキュリティ SDK

軽量かつ最小限のリソースでモバイルアプリのセキュリティを強化するSDK

  データシート

特徴

金融機関をはじめとして自社アプリを通じてサービスを提供している企業にとって、顧客のデバイスがセキュリティ上の弱点として認識されつつあります。スマートフォンやタブレットを使用しているユーザーは、ソーシャル メディア サイトを頻繁に使用したり、危険性が高いサイト ( ギャンブルやポルノのサイトなど) にアクセスするなど、攻撃のリスクが増加する操作を行う傾向にあります。また、モバイル デバイスは物理的な紛失や盗難も脅威になります。これにより口座名義人以外の人が口座情報を入手するリスクが生じます。

BrightCloud モバイル セキュリティ SDK for Android および iOS® は、モバイルアプリのセキュリティを強化することで、モバイルデバイスの脆弱性に対処します。ウイルス対策、マルウェア対策、デバイスおよびアプリケーションの審査、安全な Web 閲覧およびフィルタリングに加え、デバイスに対するスコアリング機能が備わっているので、管理者はネットワーク上にあるデバイスのリスク レベルを評価できます。SDK は軽量で、メモリ、帯域幅、バッテリーの消費量もわずかです。モバイル セキュリティ SDK は、単純な静的ブラックリストによる手法に比べ、大幅に優れた保護を提供します。

BrightCloud モバイル セキュリティ SDK は、アクティブ プロテクション サービス、スキャナ サービス、アプリケーション情報モジュール、デバイス情報モジュール、SecureWeb ブラウザ、およびデバイス リスク スコアなどのモジュールを選択できます。ユーザーは個々のニーズに基づいて、これらのモジュールを柔軟に組み合わせて使用できます。

Android のシークレット モードが有効になっている場合でも、ユーザー、デバイス、およびネットワークをマルウェアから保護できるブラウザも開発できます。

  • セキュアなモバイル環境を顧客に提供
  • 自社アプリのルック&フィールに影響なく、必要な機能のみを組み込み可能
  • リソースやバッテリー消費を最小限に抑えつつ、強力な保護を提供

技術情報

  データシート

営業担当からの連絡を希望する

下記の項目を入力してください

x